FX

初心者向けのFX解説

FXについて初心者の人でもわかりやすくご紹介します。

thumbnailここ数年「FX」や「為替」といった言葉を耳にする機会が特に多くなりました。

この言葉を聞いて、聞き流している人もいれば、気にはなるけどなんとなく難しそうだと敬遠してしまっている人もいるでしょう。 ここでは、FXについて初心者の人でもわかりやすくご紹介します。これはほんの入口ですが、FXが意外と難しいものではないということがわかっていただけると思います。“Foreign Exchange”の略。それが「FX」です。また、これは「外国為替証拠金取引」のことでもあります。 外国為替という言葉が出てくると難しいイメージがついてしまいますので、ここでは為替という言葉は忘れていただいてかまいません。

まず知っておいてもらいたいのが、FXの売買形態には『ロング(買い注文)』と『ショート(売り注文)』の2種類があるということです。

まず、『ロング(買い注文)』について例を出してご説明します。 (極端な例ですが)例えば、「1ドル=100円」の時に外貨を買い、「1ドル=200円」の時点で決済すると、その差額の「100円」が利益となります。 ※FXを取り扱う業者の中には、FXの最小取引単位を「1万通貨」としている業者が多いのですが、これに従って上記の例でシュミレーションしてみると、1万ドルで取引した場合、100万円の利益が出ることになります。

ドル

これに対して「高く買って、安く売る」、『ショート(売り注文)』という取引方法があります。

「1ドル=100円」で『ショート(売り注文)』して、「1ドル=90円」の時点で決済した場合、10円(1万ドルの場合は10万円)の利益を生み出すことができます。

ここまで見ていただいて、『ロング(買い注文)』については比較的理解していただきやすいと思いますが、『ショート(売り注文)』についてはもう少し説明が必要かもしれません。 『ショート(売り注文)』とは、例えば、FX業者に1万ドルを借りて、日本円で90万円を得たとします。

そして今度は、その90万円を利用して1万ドルを85万円で買い戻したとすると、FX業者に1万ドルを返済しても5万円が手元に残り、5万円の利益となります。 これが『ショート(売り注文)』という取引方法です。

また、この取引は実際に現金の受け渡しを行うのではなく、FX講座を通じた数字上の取引になります。 このような取引を状況に応じて使い分け、取引を繰り返して利益を生み出すことがFXの基本となります。

つまり、「安く買い、高く売る。高く売り、安く買う」という商売の基本がFXの基本でもあるということです。 この考え方を頭に置いておきながら、2種類の取引を使い分けて行くことがFXの基本となります。

FXイメージ

おわかりいただけたでしょうか?

今回は「ドル」を例にご紹介しましたが、世界には言語と同じようにたくさんの種類の通貨があります。各国のドルやユーロ・ポンドなどの馴染みのあるものから、南アフリカのランドなどの普段は触れることのない通貨もあります。そして、これらの通貨のレートが秒単位で変動しています。それを利用して利益を生み出すものがFXですが、取引の過程で世界の経済状況を知ることもFXの楽しみの一つです。

まずは、FXの基本『ロング(買い注文)』と『ショート(売り注文)』の取引方法を理解することがFXトレーダーへの第一歩となります。